「横雲」のやまとうた


by asitanokumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:題詠blog2015( 102 )

完走報告(横雲)

今年は「題を初句(上五)に置いて男女交互(奇数番=男・偶数番=女)の一対の恋歌(相聞歌というより春歌?)に仕立てる」という条件で詠んでみました。
一応形だけは50組ができました。
歌物語になるようにストーリーを作ろうと考えて、一年の場面展開ができるかと四季を織り込んでみましたが、あまり上手くはいきませんでした。

歌の順の組み換えで物語になるでしょうか。途中から「春情」という題が浮かんでいました。




[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:41 | 題詠blog2015

100:願(横雲)

願かけの結びて逢える宿の橋覆う紅葉をくぐりて渡る


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:29 | 題詠blog2015

099:聴(横雲)

秋聴くと名づけた庵に行きあたる紅葉の道の園を訪ねて


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:27 | 題詠blog2015

098:独(横雲)

独鈷の湯訪ね燃え立つ春の旅夢の世界に遊ぶ伊豆の夜


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:25 | 題詠blog2015

097:騙(横雲)

騙し絵の騙しの技に身を任せ夢の世界に遊ぶ春の夜


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:23 | 題詠blog2015

096:賢(横雲)

普賢象咲きて重たく散り敷いて過ぎた盛りをなお咲き誇る


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:21 | 題詠blog2015

095:申(横雲)

申祭過ぎて淋しい参道を二人で歩く探春の旅


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:19 | 題詠blog2015

094:腹(横雲)

腹の下さぐる指先冷たくも歓び待ちて地吹雪の夜


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:17 | 題詠blog2015

093:わざわざ(横雲)

わざわざのお出ましなればこの寒さ耐えて待ちいる地吹雪の駅


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:15 | 題詠blog2015

092:徴(横雲)

徴(はた)り攻められて靡いた身の歓喜命尽きるまで燃えに燃えたい


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-13 10:13 | 題詠blog2015