「横雲」のやまとうた


by asitanokumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:季節の歌・七月( 15 )

夕立風


 夕立の風吹き抜けて晴れゆけば現れ出でし月に偲べり

 夕立の後に宿れる露の月あはれとやみむ影を偲びぬ
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-19 14:18 | 季節の歌・七月

酔蝶花


 夏蝶に揺るる花あり色見せて酔ひし姿の汝れを偲べり

酔蝶花とは中国での表記だそうです。「西洋風蝶草」・「クレオメ」のことです。
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-18 11:07 | 季節の歌・七月

月涼し


 夏の夜の木の間さしくる月涼し慰めがたきけふも暮れゆく

 夏の夜の木の間さしくる月涼し又いつはりに待つといひけり
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-17 11:53 | 季節の歌・七月

綟摺草(もじずりそう)


 君待ちて人影のなき校庭の隅に咲きたる捩花(ねじばな)摘みき 横雲
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-12 05:55 | 季節の歌・七月


 手になれし夏の扇の風に添ふ君が香りの身に染みしかな 横雲
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-11 10:02 | 季節の歌・七月

梅雨あがる


 梅雨果てて名残に濡るる袖重し露しらざりしかくは乱ると 横雲 

 眩しくも日影色濃く梅雨あがる乱れし心やがて晴るるや 横雲 
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-10 11:26 | 季節の歌・七月

朝涼


 夏ふかき朝に涼しき風立ちぬ軒端の竹に薄き衣に 横雲
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-09 09:47 | 季節の歌・七月

檜扇水仙


 吹く風に誘われ揺るる朱き花檜扇水仙晴るる日の影 横雲
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-08 10:48 | 季節の歌・七月

星合

 一年に一度逢ふてふ幸せも無き身哀しや星合の朝 横雲

7月7日には、この日に食べると一年中病にかからないと、「索餅(さくべい)」を食べる風習があったといわれます。この索餅は現代の素麺の原型だそうで、この七夕に素麺を食べる風習に繋がっているといいます。
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-07 11:04 | 季節の歌・七月

炎昼に


 押並べて生き難き世の溽暑(じょくしょ)かな何恃む無く日差に顰(しか)む 横雲
[PR]
by asitanokumo | 2011-07-06 12:32 | 季節の歌・七月