「横雲」のやまとうた


by asitanokumo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年 02月 12日 ( 40 )

080:標(横雲)

道標(みちしるべ)さしてる先に紅白のおぼろにかすむ梅林を見る


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:43 | 題詠blog2015

079:筆(横雲)

紅筆の色を映して紅梅が鏡の奥で染まりゆく朝


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:41 | 題詠blog2015

078:ソース(横雲)

ソースパンことこと煮込み待つ時間育つ芳醇ひとつの誠


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:38 | 題詠blog2015

077:等(横雲)

吾等みなまやかしの世を惑うゆえひとつの誠探り求める


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:36 | 題詠blog2015

076:舎(横雲)

校舎前咲き初める花眺めやり体いとえと優しい言葉


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:34 | 題詠blog2015

075:短(横雲)

短めに髪刈ってみて男伊達逢いに行こうか耐えて忍ぶか


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:30 | 題詠blog2015

074:唾(横雲)

唾溢れ舌からめるくるキス拒み胸にやさしく抱かれている


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:27 | 題詠blog2015

073:会場(横雲)

会場をいでても冷めぬ昂ぶりに震えて寄せる身を抱きしめる


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:25 | 題詠blog2015

072:諸(横雲)

諸肌を晒し駆けゆく男の背松明揺れて火の粉が注ぐ


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:24 | 題詠blog2015

071:粉(横雲)

火の粉舞い雄叫び響く火祭の燃え落つ時の美しき闇


[PR]
by asitanokumo | 2015-02-12 21:21 | 題詠blog2015